The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

June 8, 2000 Vol. 342 No. 23

腹水貯留患者における穿刺術と経頸静脈的肝内門脈―静脈バイパス形成術の比較
A Comparison of Paracentesis and Transjugular Intrahepatic Portosystemic Shunting in Patients with Ascites

M. ROSSLE AND OTHERS

背景

 肝硬変および腹水の患者では,経頸静脈的肝内門脈-静脈バイパス形成によって,腹水が減少し,腎機能が改善されることがある.しかしながら,大量穿刺と比較したときの,この手技の有益性については確認されていない.

方 法

 肝硬変および難治性または再発性の腹水貯留の患者 60 例(Child-Pugh 分類のクラス B が 42 例,クラス C が 18 例)を,経頸静脈的バイパス形成(29 例)または大量穿刺(31 例)の治療に無作為に割り付けた.追跡調査の平均(± SD)期間は,バイパス形成術に割り付けられた患者では 45 ± 16 ヵ月間,穿刺術に割り付けられた患者では 44 ± 18 ヵ月間であった.主要転帰は肝臓移植を受けない状態での生存であった.

結 果

 バイパス形成群の患者では,試験期間中に 15 例が死亡し,1 例が肝臓移植を受けたのに対して,穿刺術群では,23 例が死亡し,2 例が肝臓移植を受けた.肝臓移植を受けない状態での生存の確率は,バイパス形成群では 1 年目の確率が 69%,2 年目の確率が 58%であった.これに対して,穿刺術群では,それぞれ 52%および 32%であった(ログランク検定による全体の比較で p = 0.11).多変量解析では,経頸静脈的バイパス形成術の治療には,移植を必要としない生存との独立した関連が認められた( p = 0.02).腹水は,3 ヵ月目の時点において,バイパス形成群の患者の 61%と穿刺術群の患者の 18%で消失していた( p = 0.006).肝性脳症の発症率は 2 群とも同程度であった.穿刺術に割り付けられた患者で,この治療手技が無効であった 10 例については,平均で無作為化の 5.5 ± 4 ヵ月後に,経頸静脈的バイパス形成術が行われた; このうちの 4 例はこの救済治療に反応した.

結 論

 経頸静脈的肝内門脈―静脈のバイパス形成は,大量穿刺との比較では,難治性あるいは再発性の腹水貯留の患者が肝臓移植を受けずに生存できる機会を向上させる可能性がある.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 342 : 1701 - 7. )