The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

January 13, 2000 Vol. 342 No. 2

重症憩室出血の診断および治療のための緊急結腸内視鏡
Urgent Colonoscopy for the Diagnosis and Treatment of Severe Diverticular Hemorrhage

D.M. JENSEN, G.A. MACHICADO, R. JUTABHA, AND T.O.G. KOVACS

背景

 内視鏡検査は急性の上部消化管出血の診断および治療にしばしば使用されているが,憩室症および下部消化管出血の管理においては,その役割は明らかにされていない.

方 法

 重症の血便および憩室症の患者 121 例の診断と治療において,緊急結腸内視鏡検査の役割について検討した.これらすべての患者を入院させて,必要に応じて輸血を実施するとともに,血餅,便,および血液を結腸から取り除くための下剤の投与も行った.結腸内視鏡は,入院または血便の診断後 6 ~ 12 時間以内に実施した.はじめの 73 例までついては,憩室出血が続いていた患者に対して,片側結腸切除術を行った.これ以降の 48 例については,治療が必要であった患者に対して,結腸内視鏡によるエピネフリンの注入あるいは双極凝固法のような治療を行った.

結 果

 73 例目までの患者については,17 例(23%)に憩室出血の明らかな兆候が認められた(6 例に活動性の出血,4 例に非出血性血管の可視化,7 例に血餅の付着).これら 17 例の患者のうちの 9 例には,結腸内視鏡検査後にさらに出血が起り,そのうちの 6 例には片側結腸切除術が必要であった.これ以降の 48 例の患者については,10 例(21%)に憩室出血の明らかな兆候が認められた(5 例に活動性の出血,2 例に非出血性血管の露出,3 例に血餅の付着).この患者群の他の 14 例(29%)には,憩室出血の徴候は何も認められなかったものの,他の出血源が特定できなかったために,憩室出血が疑われた.残りの 24 例の患者(50%)については,憩室出血以外の出血源が特定された.明らかな憩室出血が認められた 10 例については,そのすべての患者に内視鏡的に治療を行った: そして,これらの患者には,出血の再発が認められたり,手術が必要となった患者は 1 例もいなかった.

結 論

 重症の血便および憩室症の患者については,少なくともその 1 / 5 が明らかな憩室出血である.このような患者に対しては,エピネフリンの注入,双極凝固法,あるいはその両者による結腸内視鏡的治療が,出血の再発を予防するとともに,手術の必要性を減少させるかもしれない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 342 : 78 - 82. )