The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

October 12, 2000 Vol. 343 No. 15

盲人における独自の生体日周リズムのメラトニンによる変調
Entrainment of Free-Running Circadian Rhythms by Melatonin in Blind People

R.L. SACK, R.W. BRANDES, A.R. KENDALL, AND A.J. LEWY

背景

 全盲のほとんどの人々が「独自」(つまり,環境の時間の刺激には同調せずに,24 時間よりもわずかに長い周期で変動する)の生体日周リズムをもっている.このような状態は,このリズムが正常な 24 時間周期の相からずれると,再発性の不眠と日中の眠気を引き起すことになる.今回,われわれは,このような盲人の生体日周リズムを,メラトニンを毎日服用することによって正常な 24 時間周期に変調させられるかどうか検討した.

方 法

 クロスオーバー試験を実施し,独自の生体日周リズムをもつ全盲の被験者 7 例を組み入れた.これらの被験者には,10 mg のメラトニンまたはプラセボを,1 日 1 回,3 ~ 9 週間にわたって,就寝希望時間の 1 時間前に服薬させた.次に,もう一方の治療を行った.生体日周時間の指標として,内因性メラトニンの産生時期を測定した.また,睡眠ポリグラフィーで睡眠の監視を行った.

結 果

 試験開始時に,これら被験者は,平均で 24.5 時間(範囲,24.2 ~ 24.9 時間)の明確で予測可能な周期からなる独自の生体日周リズムをもっていた.これらのリズムは,プラセボの投与では影響を受けなかった.メラトニンの治療中には,7 例の被験者のうちの 6 例において,このリズムが 24.0 時間の周期に変調された(p < 0.001).変調後には,最初の就眠後の覚醒時間が少なくなり(p = 0.05),睡眠の効率も高くなった(p = 0.06).これらの被験者のうちの 3 例は,引き続いて次の試験に参加した.その試験では,リズムが変調するまではメラトニンの 10 mg を 1 日 1 回服薬し,リズムが変調したら,メラトニンの 1 日用量を 3 ヵ月かけて 0.5 mg までに減量していった; 得られた変調は,最低用量にまで減量しても維持されていた.

結 論

 独自のリズムをもっている盲人のほとんどが,メラトニンの投与によって,その生体日周リズムを変調させることができる.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 1070 - 7. )