The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

August 24, 2000 Vol. 343 No. 8

兄弟,託児所への依託,小児期における喘息と喘鳴のリスク
Siblings, Day-Care Attendance, and the Risk of Asthma and Wheezing during Childhood

T.M. BALL AND OTHERS

背景

 年上の兄弟がいる幼児や託児所に預けられている幼児は,感染のリスクが高くなっているが,そのことが逆に,喘息などのアレルギー疾患に罹患するのを防いでいるのではないかと考えられる.しかし,他の小児との接触とその後の喘息の発症との関連を調べた研究では,一致した結果が得られていない.

方 法

 ツーソン小児呼吸研究(the Tucson Children's Respiratory Study)の一部として,出生時から追跡調査を行っていた 1,035 例の小児を組み入れた研究を実施し,喘息の発症率(6 ~ 13 歳までに医師によって診断された喘息エピソードの 1 回以上の発生と定義した)と,頻発性喘鳴の有病率(過去 1 年間における喘鳴エピソードの 3 回以上の発生と定義した)を,家庭で一緒に暮らしている兄弟の人数および幼児期における託児所への依託との関連で検討した.

結 果

 家庭で一緒に暮らしている年上の兄弟が 1 人以上いると(年上の兄弟が 1 人増えたときの補正相対危険度,0.8; 95%信頼区間,0.7 ~ 1.0; p = 0.04)喘息に罹患しにくくなっていた.生後 6 ヵ月までの期間における託児所への依託も同様であった(補正相対危険度,0.4; 95%信頼区間,0.2 ~ 1.0; p = 0.04).頻発性喘鳴については,家庭あるいは託児所で他の小児と接触する機会が多かった小児は,他の小児とほとんど接触する機会がなかった小児やまったく接触する機会がなかった小児と比較して,2 歳では罹患しやすくなっていたが(補正相対危険度,1.4; 95%信頼区間,1.1 ~ 1.8; p = 0.01),6 歳(補正相対危険度,0.8; 95%信頼区間,0.6 ~ 1.0; p = 0.03)から 13 歳(補正相対危険度,0.3; 95%信頼区間,0.2 ~ 0.5; p < 0.001)まででは罹患しにくくなっていた.

結 論

 幼い小児は,家庭で年上の兄弟に接触したり託児所で他の小児と接触したりすることによって,その後の小児期の喘息および頻発性喘鳴への罹患から防御されている.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 538 - 43. )