The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

April 12, 2001 Vol. 344 No. 15

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

頭頸部の扁平上皮癌の危険因子としてのヒト・パピローマウイルス感染
Human Papillomavirus Infection as a Risk Factor for Squamous-Cell Carcinoma of the Head and Neck

J. MORK AND OTHERS

背景

発癌性があるヒト・パピローマウイルス(HPV),とりわけ HPV 16 型(HPV-16)は,肛門生殖器の上皮癌の原因であり,また,頭頸部の上皮癌の原因ではないかと疑われている.

方 法

頭頸部癌と HPV の関係を調べるために,北欧諸国のコホートを対象としたコホート内症例対照研究を実施し,約 900,000 例の被験者から血清検体を採取した.そして,研究への組み入れから平均で 9.4 年目に頭頸部の扁平上皮癌が発症した 292 例とこれらにマッチした対照 1,568 例の,組み入れ時に採取した検体を用いて,HPV-16,HPV-18,HPV-33,および HPV-73 に対する抗体と,喫煙習慣の指標としてコチニンの濃度とを分析した.ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法による HPV の DNA 分析を,この研究の癌患者の 160 例から採取した腫瘍組織で行った.

結 果

HPV-16 血清陽性対象者における頭頸部の扁平上皮癌のオッズ比は,コチニン濃度で補正した場合に 2.2(95%信頼区間,1.4 ~ 3.4)であった.他の HPV 型ではリスクの上昇は観察されなかった.PCR 法による分析では,口腔咽頭癌の 50%と舌癌の 14%において HPV-16 の DNA が検出された.

結 論

HPV-16 への感染は,頭頸部の扁平上皮癌の危険因子であるかもしれない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2001; 344 : 1125 - 31. )