The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

January 23, 1997 Vol. 336 No. 4

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

心筋梗塞後の心室機能障害と脳卒中のリスク
VENTRICULAR DYSFUNCTION AND THE RISK OF STROKE AFTER MYOCARDIAL INFARCTION

E. LOH AND OTHERS

背景

心筋梗塞の既往がある患者において,脳卒中の長期リスクと左心室機能障害の程度との関係は明らかにされていない.われわれは,左心室駆出分画率の低下が心筋梗塞後の脳卒中のリスクの増加に関連するか否か,そして高齢や抗凝固剤,血栓溶解剤,またはカプトプリルによる治療などのその他の要因が脳卒中の長期発生率に影響を及ぼすか否かを検討した.

方 法

生存および心室肥大臨床試験 ( the Survival and Ventricular Enlargementtrial ) に登録し,急性心筋梗塞後に左心室機能障害を有する患者 2,231 人についてプロスペクティブに収集したデータの観察分析を行った.平均追跡調査期間は 42 ヵ月であった.単変量および多変量 Cox 比例危険分析の双方によって,脳卒中の危険因子を求めた.

結 果

これらの患者中 103 人 ( 4.6% ) が試験中に致命的または非致命的脳卒中を起した (追跡調査 1 年あたりの脳卒中発生率,1.5% ).すべての患者における脳卒中の推定 5 年発生率は 8.1%であった.脳卒中を起さない患者と比較すると,脳卒中患者は高齢 (平均[± SD ]年齢,63±9 歳対 59±11 歳; p < 0.001 ) で,駆出分画率が低下していた ( 29 ± 7%対 31 ± 7%,p = 0.01 ).脳卒中の独立危険因子は,低い駆出分画率 (駆出分画率が 5%低下するごとに脳卒中のリスクは 18%増加する),高齢,そしてアスピリンまたは抗凝固剤治療を行っていないこと等であった.心筋梗塞後の駆出分画率≦ 28%の患者の脳卒中の相対リスクは,駆出分画率> 35%の患者と比較して 1.86 であった ( p = 0.01 ).血栓溶解剤およびカプトプリルの投与は,脳卒中のリスクに有意な作用を及ぼさなかった.

結 論

心筋梗塞後 5 年間に,患者は脳卒中のリスクをかなり有する.駆出分画率の低下および高齢は,いずれも脳卒中のリスク増加の独立予測因子である.抗凝固療法は,心筋梗塞後の脳卒中に対して保護作用を示すようである.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 336 : 251 - 7. )