The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

January 23, 1997 Vol. 336 No. 4

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

子宮内で抗うつ剤に曝された子供の神経発達
NEURODEVELOPMENT OF CHILDREN EXPOSED IN UTERO TO ANTIDEPRESSANT DRUGS

I. NULMAN AND OTHERS

背景

出産年齢の多くの女性がうつ病を示し,三環抗うつ剤またはフルオキセチンなどのセロトニンの再取り込みを阻害する薬剤による治療が必要である.これらの薬剤が胎児の神経発達に影響を及ぼすか否かはわかっていない.

方 法

われわれは,妊娠中に三環抗うつ剤を服用した母親 80 人の子供,妊娠中に母親がフルオキセチンを服用した子供 55 人,そして妊娠中に母親が胎児に有害作用を及ぼすことで知られているいかなる薬剤にも曝されなかった子供 84 人を調べた.年齢補正幼児発達 Baylay 尺度または McCarthy 子供知能尺度 (IQ ) および Reynell 発達言語尺度によって,子供の総合 IQ と言語の発達を生後 16 ~ 86 ヵ月間に評価した.

結 果

平均 (± SD ) 総合 IQ スコアは,三環抗うつ剤を服用した母親の子供では 118 ± 17,母親がフルオキセチンを服用した子供では 117 ± 17,そして対照群の子供では 115 ± 14 であった.言語スコアは 3 群すべてについて同程度であった.結果は,第一トリメスターに三環抗うつ剤またはフルオキセチンに曝された子供においても,妊娠期間中を通じて曝された子供においても同様であった.3 群の子供には,気質,気分,覚醒性,活動レベル,注意逸散,または行動問題に有意差を認めなかった.

結 論

三環抗うつ剤またはフルオキセチンのいずれかに子宮内で曝されても,学齢前の子供の総合 IQ,言語発達,または行動発達に影響を及ぼさない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 336 : 258 - 62. )