The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

March 20, 1997 Vol. 336 No. 12

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

急性尿細管壊死におけるアナリチド
ANARITIDE IN ACUTE TUBULAR NECROSIS

R.L. ALLGREN AND OTHERS

背景

心房性ナトリウム利尿性ペプチドは,心房で合成されるホルモンで,糸球体輸出細動脈を収縮させながら輸入細動脈を拡張させることによって,糸球体濾過率を増加させる.このペプチドは,急性腎機能障害の実験動物において,糸球体濾過,尿量,そして腎組織学的病理所見を改善することが示されている.アナリチドは,心房性ナトリウム利尿性ペプチドの 25 個のアミノ酸からなる合成型である.

方 法

われわれは,きわめて重度の急性尿細管壊死患者 504 人について,アナリチドに関する多施設無作為二重盲検プラセボ比較臨床試験を実施した.患者に,アナリチド ( 0.2 mg / kg 体重 / 分) またはプラセボのいずれかを 24 時間静脈内に注入した.第一義的エンドポイントは処置後 21 日間の無透析生存率であった.その他のエンドポイントは,透析の必要性,血清中クレアチニン濃度の変化,そして死亡率であった.

結 果

無透析生存率はプラセボ群では 47%,アナリチド群では 43%であった ( p = 0.35 ).プロスペクティブに定義した乏尿 (尿量,< 400 ml / 日) 患者 120 人のサブグループでは,無透析生存率はプラセボ群で 8% ( 60 人中 5 人),そしてアナリチド群では 27% ( 60 人中 16 人,p = 0.008 ) であった.治療後乏尿が改善したアナリチド処置乏尿患者がもっともよい効果を得た.逆に,乏尿でない患者 378 人では,無透析生存率はプラセボ群で 59% ( 195 人中 116 人),アナリチド群で 48% ( 183 人中 88 人, p = 0.03 ) であった.

結 論

きわめて重度の急性尿細管壊死患者では,アナリチドの投与により,総合的な無透析生存率が改善しなかった.しかし,アナリチドは,乏尿のある急性尿細管壊死患者では無透析生存率を改善するが,乏尿ではない急性尿細管壊死患者ではこれを悪化させる可能性がある.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 336 : 828 - 34. )