The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

November 13, 1997 Vol. 337 No. 20

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

中等度喘息に対する低用量ブデソニド吸入にテオフィリンを加えた治療と高用量ブデソニド吸入との比較
A COMPARISON OF LOW - DOSE INHALED BUDESONIDE PLUS THEOPHYLLINE AND HIGH - DOSE INHALED BUDESONIDE FOR MODERATE ASTHMA

D.J. EVANS AND OTHERS

背景

 グルココルチコイド吸入とテオフィリン経口投与は,喘息の治療に広く用いられている.われわれは,グルココルチコイドの吸入実施にもかかわらず持続的な症状を示す患者において,グルココルチコイド吸入にテオフィリンを加えた場合の利益を,グルココルチコイド吸入量を倍加させた場合の利益と比較した.

方 法

 二重盲検プラセボ対照臨床試験において,われわれは患者 62 人を無作為割付けしてブデソニド 400 m g (低用量ブデソニド) 吸入 + テオフィリン 250 または 375mg (体重による) またはブデソニド 800 m g (高用量ブデソニド) 吸入のいずれかで治療した.用量はすべて 1 日 2 回 3 ヵ月間投与した.肺機能を連続して測定し,患者は,最大呼気流量,症状およびアルブテ ロール使用量に関する記録を保存した.治療が内因性コルチゾル濃度に及ぼす効果についても評価した.

結 果

 いずれの治療も肺機能を改善し,これは試験期間中持続した.高用量ブデソニド治療と比較すると,低用量ブデソニドにテオフィリンを加えた治療は,努力肺活量 ( p = 0. 03 ) および 1 秒努力呼気肺活量 ( p = 0.03 ) を大きく改善した.気管支反応過敏と相関する b 2 アゴニスト使用量と最大呼気流量の変動,および喘息の重症度は有意にかつ同様に減少した.コルチゾル血清濃度は高用量ブデソニド群では有意に減少したが (平均[± SE ]で 18.4 ± 2.4 m g / dl から 15.9 ± 2.1 m g / dl,p = 0.02 ),他の群では不変であった.テオフィリン投与群でのテオフィリン血清濃度の中央値は 8.7 m g / ml (治療範囲,10 ~ 20 ) であった.いずれの治療もよく耐容された.

結 論

 中等度喘息で症状が持続する患者では,低用量ブデソニド吸入にテオフィリンを加えた治療と高用量ブデソニド吸入は,同様の結果を生じた.効果は,推奨治療範囲より低いテオフィリン濃度で得られた.グルココルチコイド吸入に低用量テオフィリンを加えることは,グルココルチコイドの吸入用量を増加させるよりも好ましく,安価である可能性がある.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 337 : 1412 - 8. )