The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

August 14, 1997 Vol. 337 No. 7

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

結節性リンパ球優位型ホジキン病におけるクローン性
CLONALITY IN NODULAR LYMPHOCYTE - PREDOMINANT HODGKIN'S DISEASE

T. OHNO AND OTHERS

背景

 リンパ - 組織球 ( L & H ) 細胞は,結節性リンパ球優位型ホジキン病における Reed - Sternberg 細胞の変種で B 細胞系列に属する,というのが一般的な見方である.しかし,L & H 細胞のクローン性に関してはなおも議論が分かれている.

方 法

 われわれは,クローンマーカーとして免疫グロブリン重鎖遺伝子の相補性決定領域 3 ( CDR3 ) を用いて,結節性リンパ球優位型ホジキン病患者 5 人の組織切片から顕微鏡技法によって単離した個々の L & H 細胞を調べた.各細胞の重鎖 CDR3 をポリメラーゼ連鎖反応によって増幅した.産物をゲル電気泳動によって分析し,さらに各患者からの代表的な増幅産物を配列決定した.

結 果

 重鎖 CDR3 が関係している L & H 細胞で,クローン集団の存在を示すものが,患者 5 人全員に検出され,3 人ではこれらが優位な集団であった.患者 5 人中 4 人では,クローンを構成する細胞が,組織切片中の異なる結節,同じ腫瘍からの異なる組織片,または同じ患者からの異なるリンパ節に認められた.各クローンの CDR3 配列には,クローン内変異を示すヌクレオチド置換がしばしば含まれた.

結 論

 結節性リンパ球優位型ホジキン病では,L & H 細胞のクローン集団が生ずる.ヌクレオチド配列におけるクローン内変異は,重鎖 CDR3 の高度変異がクローン性増殖の中でも絶えず起っていることを示唆する.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 337 : 459 - 65. )