The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

September 4, 1997 Vol. 337 No. 10

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

65 歳以上の男女の骨密度に及ぼすカルシウムとビタミン D 補充の効果
EFFECT OF CALCIUM AND VITAMIN D SUPPLEMENTATION ON BONE DENSITY IN MEN AND WOMEN 65 YEARS OF AGE OR OLDER

B. DAWSON-HUGHES, S.S. HARRIS, E.A. KRALL, AND G.E. DALLAL

背景

 食事からのカルシウムとビタミン D の不充分な摂取は,高齢者における骨粗鬆症の高い発生率に寄与する可能性がある.

方 法

 われわれは,自宅に住む 65 歳以上の男性 176 人および女性 213 人の骨塩量,骨代謝の生化学測定値,および脊椎以外の骨折の発生率に及ぼす,カルシウムとビタミン D の食事補充の効果を 3 年間,検討した.彼らに,カルシウム 500mg +ビタミン D3 (コレカルシフェロール) 700IU /日またはプラセボのいずれかを投与した.骨塩量を二重エネルギー X 線吸収計に よって測定し,血液および尿を 6 ヵ月ごとに分析し,脊椎以外の骨折症例を,問診によって確かめ,カルテによって確認した.

結 果

 カルシウム - ビタミン D およびプラセボ群の骨塩量の平均 (± SD ) 変化は,以下の通りであった: 大腿頸部はそれぞれ,+0.50 ± 4.80 および-0.70 ± 5.03% ( p = 0.02 ) ; 脊柱はそれぞれ,+2.12 ± 4.06 および+1.22 ± 4.25% ( p = 0.04 ) ; そして全身はそれぞれ,+0.06 ± 1.83 および-1.09 ± 1.71% ( p < 0.001 ).カルシウム - ビタミン D 群とプラセボ群の差は 1 年後,すべての骨格部位で有意であったが,2 年目および 3 年目では,全身骨塩量に限って有意であった.脊椎以外の骨折を起こした被験者 37 人中 26 人がプラセボ群で,11 人がカルシウム - ビタミン D 群であった ( p = 0.02 ).

結 論

 地域に住む 65 歳以上の男女において,カルシウムとビタミン D の食事による補充は,3 年の試験期間にわたって,大腿頸部,脊椎,および全身について測定した骨量減少を中等度抑制し,脊椎以外の骨折の発生率を低下させた.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 337 : 670 - 6. )