The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

November 4, 1999 Vol. 341 No. 19

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

単純ヘルペス 1 型および 2 型ウイルスの新たな感染に関する前向き研究
A Prospective Study of New Infections with Herpes Simplex Virus Type 1 and Type 2

A.G.M. LANGENBERG, L. COREY, R.L. ASHLEY, W.P. LEONG, AND S.E. STRAUS

背景

単純ヘルペスウイルス(HSV)による感染症は地域的に流行するが,成人になってから新たに感染した HSV 1 型(HSV-1)および HSV 2 型(HSV-2)感染症の臨床特性は,厳密には定義されていない.

方 法

新たに感染した HSV 感染症の臨床徴候および血清学的根拠を調べるために,HSV-2 の血清反応が陰性で,性的にアクティブである 2,393 例のモニターを行った.本研究の参加者のうち,1,508 例は HSV-1 の血清反応が陽性で,885 例は陰性であった.患者の症状を尿生殖器系か,あるいは口腔咽頭系かに分類するために,医療記録を盲検による方法で詳細に検討した.HSV のセロコンバージョンが確認された 174 例についても,その全例の医療記録を詳しく調査した.

結 果

HSV-1 および HSV-2 への新たな感染の割合は,100 人年当り,それぞれ 1.6 件および 5.1 件であった.HSV-2 の新規感染者 155 例のうち,57 例(37%)には症状が発現しており,そのうちの 47 例(82%)は来院時に正しい診断がなされていた.本研究の期間中に,74 例の患者が性器の HSV-2 感染と臨床診断されたが,そのうちの 60 例の診断は正しいものであったが,残りの 14 例は誤診であった.したがって,正しい陽性結果と間違った陽性結果の比は 4 : 1 であった.無症状で HSV-2 のセロコンバージョンが確認された 98 例では,その 15%に,性器の病変が追跡調査期間中のどこかで現れていた.女性は,男性と比較して,HSV-2 に感染しやすく(p < 0.01),症状のある感染が多いようであった.HSV-1 感染の既往は,HSV-2 への感染の割合を低下させるものではなかったが,無症状性のセロコンバージョンの起りやすさが,症状性のセロコンバージョンの起りやすさよりも 2.6 倍増加していた(p < 0.001).HSV-1 の新規感染者 19 例については,その 12 例に症状が発現していた.症状性の性器の HSV-1 感染および口腔咽頭の HSV-1 感染の割合は同程度であった(100 人年当り 0.5 件).

結 論

HSV-2 への新たな感染のほぼ 40%,また HSV-1 への新たな感染のほぼ 2 / 3 は症状がある.性行為のある成人では,性器への HSV-1 新規感染の頻度は,口腔咽頭への HSV-1 新規感染と同程度である.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1999; 341 : 1432 - 8. )