The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

June 5, 1997 Vol. 336 No. 23

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

髄核ヘルニアによる坐骨神経痛に対するコルチコステロイドの硬膜外注射
EPIDURAL CORTICOSTEROID INJECTIONS FOR SCIATICA DUE TO HERNIATED NUCLEUS PULPOSUS

S. CARETTE AND OTHERS

背景

コルチコステロイドの硬膜外注射は,坐骨神経痛に対して一般的に用いられているが,その有効性は確立されていない.

方 法

無作為二重盲検臨床試験において,酢酸メチルプレドニゾロン ( 80mg / 8ml 等張生理食塩水) または等張生理食塩水 ( 1ml ) を,髄核ヘルニアによる坐骨神経痛患者 158 人に対し最高 3 回硬膜外注射した.患者の Oswestry 障害スコアは全員,20 以上で (尺度 1 ~ 100,スコア 20 以下は最小の障害,スコアが大きくなれば障害が大きくなることを示す).

結 果

3 週間で,Oswestry スコアは,メチルプレドニゾロン群では平均で-8.0 改善し,プラセボ群では -5.5 改善した (差に関する 95%信頼区間,-7.1 ~ 2.2 ).メチルプレドニゾロン群で改善が大きかった finger - to - floor の距離 ( p = 0.006 ) と感覚欠損 ( p = 0.03 ) の改善を除いて,群による改善の差は有意ではなかった.6 週間後,唯一の有意差は下肢の疼痛の改善で,これはメチルプレドニゾロン群ではプラセボ群より大きかった  ( p = 0.03 ).3 ヵ月後では,群間に有意差を認めなかった.Oswestry スコアは,メチルプレドニゾロン群では平均で -17.3,そしてプラセボ群では -15.4 改善した (差に関する 95%信頼区間,-9.3 ~ 5.4 ).12 ヵ月では,背中の手術を実施する累積確率は,メチルプレドニゾロン群で 25.8%,そしてプラセボ群で 24.8%であった ( p = 0.90 ).

結 論

髄核ヘルニアによる坐骨神経痛患者では,メチルプレドニゾロンの硬膜外注射により,下肢疼痛および感覚欠損が短期的に改善する可能性があるが,この治療は有意な機能的利点を示さないし,手術の必要性を減少させることもなかった.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 336 : 1634 - 40. )